ナビゲーションをスキップ

GSCの歩み

参加登録・名簿について

情報交換、共同研究などを活性化するためにメンバーを募っております。

ご登録は事務局まで

ゲノム科学総合研究センター(GSC)の変遷

1998年

10月
ゲノム科学総合研究センター設立(センター所長:和田昭充)
遺伝子構造・機能研究グループ 、タンパク質構造・機能研究グループ、ゲノム構造情報研究グループの3グループで活動を開始

1999年

4月
動物ゲノム機能情報研究グループ発足
10月
植物ゲノム機能情報研究グループ発足

2000年

3月
第1回GSCアドバイザリーカウンシル開催
4月
ゲノム情報科学研究グループ発足
西NMR棟、南研究棟完成
8月
西研究棟完成
11月
横浜研究所開所式

2001年

4月
タンパク質発現・高度化施設発足
インフォマティクス基盤施設発足
10月
交流棟完成

2002年

3月
東研究棟完成
4月
タンパク質発現・高度化施設をタンパク質構造・機能研究グループへ統合
インフォマティクス基盤施設を廃止し、情報基盤施設を新設
10月
中央NMR棟完成

2003年

2月
中央研究棟完成
12月
第2回GSCアドバイザリーカウンシル開催

2004年

4月
榊佳之センター長就任
情報基盤施設を廃止し、ゲノム基盤施設を新設

2005年

4月
動物ゲノム機能情報研究グループと植物ゲノム機能情報研究グループは、新設されたゲノム機能情報研究グループに統合
ゲノム構造情報研究グループを廃止
システム情報生物学研究グループを新設
6月
第3回GSCアドバイザリーカウンシル開催

2007年

4月
タンパク質構造・機能研究グループを廃止
タンパク質基盤研究グループを新設