ナビゲーションをスキップ

GSCメンバーによる最近の活動状況をご報告します。

GSCの歩み

10年間にわたり、世界のゲノム科学研究を牽引した理研ゲノム科学総合研究センター(旧GSC)の歩みをご紹介します。

参加登録・名簿について

情報交換、共同研究などを活性化するためにメンバーを募っております。

ご登録は事務局まで

データベース

理化学研究所で公開中のデータベース一覧

設立趣旨

オミックスペースの精神に立って生命生存の智恵と戦略の解明を目指して

生命戦略の解明は、生物を複雑なミクロ構造を持ち多様な種を展開する機能体として捉えることであり、生命を本当に理解し産業応用に結びつけるためには生物を情報・構造・機能の全正面から総合的に研究することが不可欠です。

1998年の創立以来、ゲノム科学総合研究センターは、5グループ1施設が連携してオミックスペースのそれぞれの階層を詳しく探ると同時に階層間のネットワークを解明する、世界でも類を見ないユニークな研究体制を築き、世界を牽引する成果を挙げてきました。今や、GSCの名は日本におけるゲノム科学研究の礎として、その名を世界に轟かせています。

そこで、ゲノム科学に関係した多くの方々の緊密な連携を維持するため、新たにバーチャルな形でGenomic Sciences Research Complexを設立いたします。引き続きオミックスペースの精神に立って生命生存の智恵と戦略の解明を目指し、共に邁進するゲノム科学に関係する方々の情報交換、研究者ネットワークの形成の場であると同時に、日本のゲノム科学を世界に発信する礎であり続けたいと願っています。