ナビゲーションをスキップ

GSCの歩み

10年間にわたり、世界のゲノム科学研究を牽引した理研ゲノム科学総合研究センター(旧GSC)の歩みをご紹介します。

参加登録・名簿について

情報交換、共同研究などを活性化するためにメンバーを募っております。

ご登録は事務局まで

データベース

理研横浜研究所で公開中のデータベース一覧

GSC 七夕ミーティング2012

2012年7月6日(金)、「Genomic Sciences Research Complex(GSC)七夕ミーティング2012」を理化学研究所横浜研究所にて開催し、国内外の若手研究者を中心におおよそ100名が参加しました。

3回目の開催となる今年は、若手研究者20名が選ばれました。その中には海外からの研究者12名の参加もありました。

プログラム

10:30 - 開会挨拶(和田昭允 GSC組織長)
10:45 - 講演
「実験人類遺伝学の確立に向けて」武藤太郎(第2回七夕ミーティング参加者)
「単頭分子モーター・ミオシン1bによる、モデル膜からのチューブ形成」山田彩子(第2回七夕ミーティング参加者)
11:45 - 昼食休憩
12:00 - 横浜研究所ランチョンセミナー
講演者:竹本和弘(第3回七夕ミーティング発表者)
12:45 - 発表者による2分間スピーチ
13:45 - 写真撮影
13:50 - 発表者によるポスターセッション
16:00 - 講演 「iPS細胞の網膜疾患への応用」
高橋政代(理研発生・再生科学総合研究センター チームリーダー)
16:30 - 閉会挨拶(林崎良英 理研オミックス基盤研究領域 領域長)
17:00 - 交流会(要事前申込・会費制)

集合写真

和田先生挨拶

武藤氏講演

山田氏講演

ポスターセッションの様子

高橋先生講演

林崎先生挨拶

若手研究者(第3回七夕フェロー)のスピーチ、ポスターによる発表

氏名 所属機関 発表タイトル
入江 直樹 理研発生・再生科学総合研究センター 進化と発生の関係性再定式化にむけて
竹本 和広 科学技術振興機構(さきがけ) ネットワークから捉える代謝システムの形成と適応
Tan Ming Wan
(招待者)
Institute of High Performance Computing, Singapore Modelling of Patent Ductus Arteriosus
角南 武志 科学技術振興機構(戦略的創造研究推進事業) 人工的に再構成された遺伝子自己複製系の実験室内進化実験
黒田 垂歩 Dana-Farber Cancer Inst./Harvard Med. Sch./Howard Hughes Medical Inst. 多倍体特異的致死性のゲノムワイドRNAiスクリーニング:その新しいがん治療法としての可能性
鈴木 洋一 University of California San Diego, USA Single-Molecule Rupture Dynamics on Multidimensional Landscape
樋口 清香 理研生命システム研究センター Efficacy of soft substrate in establishment of iPS cells
川口 修治 理研生命情報基盤研究部門 Positional correlation analysis of transcriptomes toward multidiscipline analysis of cell activities
荒井 慧悟 Massachusetts Institute of Technology 窒素・格子欠陥ダイヤモンドを用いた超高分解能イメージング技術の開発と応用
松野 裕樹 独立行政法人産業技術総合研究所 分子マトリクス電気泳動の開発と糖鎖科学における応用展開
Jay Shin 理研オミックス基盤研究領域 A novel method to study transcriptional regulation involved in direct cell reprogramming
町山 裕亮 National University of Singapore Quick replacement of phophorylated p130Cas at focal adhesions involves cell migration
Jieting Wang
(招待者)
Graduate University of Chinese Academy of Sciences Zinc oxide nanoparticles induces apoptosis in the primary cultured glia cells
上野 恵介 北海道大学 形状空間と親和性地形に基づくインフルエンザウイルスの抗原性予測
山崎 美紗子 ローザンヌ大学 根の内皮細胞のカスパリー線に注目した細胞極性と細胞分化の研究
井手 聖 Institute of Human Genetics Toward understanding the biology of the non-coding genome
渡邉 寛 University of Heidelberg Patterning of animal body axes at early evolutionary phase
蓑田 亜希子 Lawrence Berkeley National Laboratory, CA, USA Comprehensive analysis of the chromatin landscape in Drosophila melanogaster
永田 勇樹 マックスプランク・ポリマー研究所 分子動力学シミュレーションを用いた水・酸化金属界面の振動分光スペクトル計算
松村 茂祥 ストラスブール大学 なぜ生命は細胞か?: マイクロ流路デバイスを用いた”RNAワールド”プロト細胞モデルの構築