ナビゲーションをスキップ

GSCの歩み

10年間にわたり、世界のゲノム科学研究を牽引した理研ゲノム科学総合研究センター(旧GSC)の歩みをご紹介します。

参加登録・名簿について

情報交換、共同研究などを活性化するためにメンバーを募っております。

ご登録は事務局まで

データベース

理研横浜研究所で公開中のデータベース一覧

NEWS&EVENTS

ゲノムDNAと生命の成り立ちについて中学校で出張授業を実施

ゲノム科学総合研究センター ゲノム機能情報研究グループ 個体遺伝情報研究チームの権藤洋一チームリーダーは、荒川区立第三中学校が主催する「教科教室型校舎を生かした おもしろ探求授業」の講師の1人として招かれ、出張授業を開催しました。
今回の授業では3年生16名に、遺伝のしくみやゲノムDNAの情報にもとづく生命の成り立ちについて講義しました。生徒たちは、タマネギからDNA抽出して実際にDNAを見たり、DNA模型を組み立てるなどの実験を行いました。生徒からは、難しいところもあったけれどゲノムについてよくわかったなどの感想がありました。

日時:2008年1月29日
場所:荒川区立第三中学校